世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)のバンタム級統一王者の井上尚弥(大橋)が15日、米ネバダ州ラスベガスでの防衛戦(10月31日)に向け「日本では納得のいく練習ができました。この調子でラスベガスに乗り込み最高の試合をみせます」と所属ジムを通じてコメントした。

 17日に国内最後のスパーリングを行い、18日に出発する。オンライン取材に応じた大橋秀行会長は「新たな伝説のスタート。プレッシャーを楽しんでいる。頼もしい」と仕上がりに太鼓判。減量も順調という。

 井上尚は、WBA2位、IBF4位のジェーソン・モロニー(オーストラリア)と対戦する。