新型コロナウイルスは人の皮膚の上で9時間生存できるとの研究を、京都府立医大のチームが米感染症学会誌に発表した。インフルエンザウイルスの5倍長く、触れた物を介して広がる「接触感染」のリスクが高いことを示す結果。だが濃度80%のアルコールに15秒さらすと、感染力がなくなることも分かった。

 広瀬亮平助教は「新型コロナが比較的長生きな理由はまだ分からないが、手の消毒という初歩的な対策の重要さが改めて分かった。手洗いも効果抜群だ」と話した。

 また、プラスチック上で調べると2日半近く、ステンレスや耐熱ガラスでは約3日半と、さらに長く生存していた。