梶山弘志経済産業相は15日、日本商工会議所の三村明夫会頭と東京都内で会談し、新型コロナの流行で厳しい経営が続く中小企業に対し「足腰の強化につながる取り組みを進めていきたい」と述べ、販路開拓やデジタル化の推進などを支援する考えを示した。

 梶山氏は「事業をしっかりと継続させ、雇用を維持していくという視点で政策を進めなければならない」と強調。感染症の収束後も見据え、経営資源の集約化や、円滑な事業承継などについても後押しする意向を示した。

 一方、三村氏は「雇用維持や事業継続に必死に取り組んでいるが、努力も限界に達しつつある」と中小企業の現状に懸念を表明した。