ダイハツ工業は15日、ブレーキ部品に問題があるとして「ムーヴ」「タント」や、トヨタブランドの「パッソ」、スバルブランドの「ステラ」など19車種計35万3578台(2017年10月~18年5月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。

 国交省によると、ブレーキ部品へのグリスの塗り方が不適切で、ブレーキの摩耗分を自動で調整する機能が作動しなくなる恐れがある。不具合は636件報告された。事故はないとしている。

 また、後部ライトの樹脂部品の密度不足で電球が点灯しなくなる恐れがあるとして2車種計1万3210台(17年7~12月生産)のリコールを国交省に届け出た。