ヤクルトの五十嵐亮太投手(41)が15日、東京都内の球団事務所で記者会見を行い、今季限りでの現役引退を表明した。救援一筋で日米通算905試合に登板し「縁に恵まれて23年間もプロ野球選手をやってこられた。感謝している」とすがすがしい表情で語った。

 千葉・敬愛学園高から1998年にドラフト2位でヤクルトに入団。速球を武器に2004年に最優秀救援投手に輝き、10年から米大リーグ3球団でプレーした。13年にソフトバンクで日本球界に戻り、昨季ヤクルトに復帰。今季は1軍登板がなく「シーズン前から結果が出なければ覚悟していた」と8月には現役引退を考えたという。