15日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。新型コロナウイルス感染拡大で悪化した欧米経済の回復が遅れることへの懸念から売り注文が先行した。

 終値は前日比119円50銭安の2万3507円23銭。東証株価指数(TOPIX)は12・11ポイント安の1631・79。出来高は約8億8831万株だった。