加藤勝信官房長官は15日の記者会見で、文部科学省が全国の国立大などに故中曽根康弘元首相の合同葬に合わせて弔意を表すよう求めた通知に関し、問題ないとの認識を示した。「教育の中立性を侵さない」と述べた。立憲民主党などの野党は、教育の中立性に対する介入の恐れがあるとみて政府の見解をただす。

 教育基本法は学校で特定の政党を支持したり反対したりする教育を禁じている。加藤氏は「協力を求める趣旨で、強制を伴うものではない。特定の政党支持を得るための政治活動に当たらない」との見解を表明。「弔意を表明するかどうかは関係機関で自主的に判断される」とも強調した。