世界陸連の独立監視部門「インテグリティー・ユニット」は14日、2017年ロンドン・マラソンの男子を制したダニエル・ワンジル(ケニア)が禁止物質を使用したとして、19年12月9日から4年間の資格停止処分を科したと発表した。今年4月に暫定的な資格停止としていた。(共同)