【バンコク共同】タイ政府は15日早朝、首都バンコクを対象にした非常事態宣言を出し、5人以上の集会を禁じ、首相府前の道路を占拠した反政権のデモ隊を排除した。警察は王室改革を求める中心人物のアーノン弁護士らを逮捕した。ただ反政府集会はいったん終了していたため、排除の際に大きな混乱はなかった。

 学生を中心とするデモ隊は、プラユット首相の辞任や王室改革を要求。1万人以上が14日午後、首相府に向けデモ行進し周辺道路を占拠した。政府は「違法な抗議活動は国の治安に深刻な影響を与える」として、バンコクに非常事態宣言を発令。「不安をあおり、事実をゆがめた報道」も禁止した。