【モスクワ共同】ロシアのプーチン大統領は14日、政府幹部とのビデオ会議で、国産で2番目となる新型コロナウイルス感染症のワクチンが国家承認されたと発表した。8月に国家承認を発表した最初のワクチンに続くもので、臨床試験で自らも接種を受けたゴリコワ副首相は「副作用もなく、十分に高い安全性が保証されている」とプーチン氏に報告した。

 ワクチンは、西シベリア・ノボシビルスクにある国立ウイルス学・生物工学研究センターが開発。ゴリコワ氏によると、臨床試験の第1、第2段階が既に完了し、今後はロシア全土で有志4万人が参加した臨床試験を実施する。