【ワシントン共同】トランプ米大統領は14日、新型コロナウイルス感染症で失速した米経済の回復に向け、中間層の減税実施に改めて意欲を示した。11月の大統領選に向け、企業と富裕層への増税を掲げる民主党の対立候補バイデン前副大統領との違いを強調。減税を目玉施策に位置付け、支持拡大につなげる考え。

 トランプ氏は大統領選を「歴史的な繁栄か壊滅的な貧困かの選択だ」と説明した。自身が再選すれば、減税などで景気の早期回復に取り組み「記録的な好景気が始まる」と強気の姿勢を示した。

 ただ、減税策は議会の上下両院での可決が必要になるため、再選しても実現できるかどうかは不透明だ。