【モスクワ共同】ロシアのソユーズ宇宙船が14日、中央アジア・カザフスタンのバイコヌール宇宙基地で打ち上げられ、国際宇宙ステーション(ISS)へのドッキングに3時間3分45秒で成功し、最短記録を更新した。ロシア国営宇宙開発企業ロスコスモスが発表した。

 これまでの記録は今年7月にロシアの無人貨物船「プログレス」の3時間18分。かつてソユーズはISS到着まで2日を要したが、2013年からは約6時間で可能となり、今回は地球周回軌道を最短の2周でドッキングに成功した。

 ソユーズにはロシア男性2人、米国女性1人の計3人の飛行士が乗船した。