沖縄県の玉城デニー知事を支援してきた地元小売り・建設大手「金秀グループ」会長の呉屋守将氏(72)が先月末、後援会長を辞任した。呉屋氏は玉城氏を支える勢力「オール沖縄」を象徴する人物で、2年後の知事選の構図に影響を与える可能性もある。呉屋氏は共同通信のインタビューで、オール沖縄について「瓦解の兆しが前からあった」と現状を憂慮した。

 オール沖縄は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する政党や団体でつくる勢力で、保守と革新の対立構図を乗り越えた結集とみられてきた。