日本ハムは一回に大田の2ランで先制し、四回に中田の適時二塁打などで2点、六回に中田の押し出し四球、近藤の犠飛、渡辺の適時二塁打で3点を加えた。バーヘイゲンは8回3安打無失点で7勝目。西武は投打に振るわなかった。