電気点検を装って東京都町田市の高齢者宅を訪れ、体を縛り上げてけがをさせたとして、警視庁捜査1課は14日、強盗致傷などの疑いで埼玉県草加市青柳、解体工我如古龍也容疑者(23)と、宮城県名取市名取が丘、大学生松本胤紀容疑者(21)の男2人を再逮捕した。

 都内では9月、ガス点検業者や新型コロナウイルスのアンケートを装った強盗事件が約10件連続し、神奈川、千葉両県などでも同様の被害が発生。捜査1課は、2人は実行役の一員で背後に指示役が存在し、グループで組織的に強盗を繰り返していた可能性があるとみている。