ノーベル物理学賞を受賞した益川敏英京大名誉教授らの「安全保障関連法に反対する学者の会」は14日、東京都内で記者会見し、日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅義偉首相が任命しないのは「学問に対する冒涜行為」と抗議する声明を発表した。6人は会の呼び掛け人や賛同者になっている。

 会見では、学習院大の佐藤学特任教授が声明を読み上げ「学術会議法は政府からの独立性をうたい、首相の任命権を制約しており、明らかな違法行為」と指摘。「民主主義と立憲主義を破壊する」と訴えた。

 益川氏は「菅首相が、こんな乱暴なことをしたと歴史上長く糾弾されるだろう」とのメッセージを寄せた。