日本ボクシングコミッション(JBC)は14日、東洋太平洋スーパーウエルター級王者の渡部あきのり(35)=角海老宝石=の現役引退を発表した。同王座も返上した。所属ジムによると新型コロナウイルスの影響で試合が決まるのも困難なため、モチベーションやパフォーマンスを維持できないと判断したという。

 渡部は2004年にプロデビュー。2戦目から15戦連続KO勝利をマークし、日本記録に並んだ。昨年12月の防衛戦が最後の試合となった。