【ソウル共同】韓国で元従軍慰安婦を支援する「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)は14日、ソウル市内で定例集会を開き、ベルリンに設置された従軍慰安婦の被害を象徴する少女像を当面は撤去しなくてもよくなったことを歓迎し「平和の少女像を守ろう」と訴えた。

 正義連はベルリンの少女像の制作費などを支援している。ソウルの日本大使館前に設置された少女像周辺での集会で、正義連の李娜栄代表はベルリンで一時、撤去要求が出たのは「日本政府の執拗な妨害によるものだ」と批判した。

 李娜栄氏は少女像が、国家間の対立ではなく女性の人権問題を象徴するものだと指摘した。