積水化学工業(大阪市北区)の元社員の男性(45)が、スマートフォンの液晶技術に関する機密情報を中国の通信機器部品メーカー「潮州三環グループ」に漏えいしたなどとして不正競争防止法違反の疑いで書類送検された事件で、潮州三環側からビジネス向けの会員制交流サイト(SNS)「リンクトイン」を通じて元社員に接触を試みていたことが14日、大阪府警への取材で分かった。

 府警によると、元社員はリンクトインで、自身の研究内容を書き込んでいた。それを見た潮州三環側が、2018年に別の中国企業を装って接触。その後、メールや電話を通じてやりとりした。