加藤勝信官房長官は14日の記者会見で、ソフトバンクが携帯電話の料金見直しを検討しているとの報道を受け「大容量のプランでは大手3社の料金が高止まりし、引き下げる余地があると考えている」と述べ、NTTドコモなどを含む各社に値下げへの対応を促した。

 加藤氏は、国内の携帯料金が諸外国と比べて高水準にあるとの指摘を踏まえ「料金の引き下げは目に見える形で行われることが重要だ。積極的な検討をしていただくことを期待している」と強調した。