文芸春秋は14日、週刊文春で連載されている作家、林真理子さん(66)のエッセー「夜ふけのなわとび」が「同一雑誌におけるエッセーの最多掲載回数」としてギネス世界記録に認定されたと発表した。認定記録は今年7月2日時点の1655回という。

 林さんは「ネタがなくて辛いときもありましたが、37年間続けることができてうれしいです」「健康に気をつけて、あと20年くらい連載を続けていきたいと思います」とのコメントを発表した。

 連載は1983年「今宵ひとりよがり」としてスタート。タイトルを変えつつ、これまで34冊が文庫化され、文庫累計426万部という。