【ソウル共同】韓国の与党「共に民主党」代表の李洛淵・前首相は14日、日本側が日中韓首脳会談の議長国・韓国に元徴用工問題で受け入れ可能な措置を講じない限り菅義偉首相は出席しないとの立場を伝えたことに「大変失望している」と述べた。

 李氏はソウル市内で開かれた党の会合で、今回の日中韓首脳会談について「新型コロナウイルスや経済危機という世界が直面する課題の克服に3カ国が寄与するために(開催は)必要だ」と強調。「菅首相の態度が(世界の)リーダー国としてふさわしいのか疑問だ」とし、条件を付けずに出席すべきだとの意向を示した。