関西電力の森本孝社長は14日、福井県庁で杉本達治知事と面会し、新たに発覚した子会社元社長らによる金品受領問題について謝罪、「現時点で可能な限り調査し、うみは出し切った」と述べた。杉本知事は「県民も国民もこれで終わりなのかと心配している。これ以上ないようコンプライアンス(法令順守)を徹底してほしい」とくぎを刺した。

 森本氏は金品受領の再発防止策や、原発に対する地元理解活動の状況も報告。杉本知事は、関電が年内に示すとしている原発の使用済み核燃料の県外搬出先を巡り「期限まで2カ月余りだ。しっかり約束を守ってほしい」と求めた。