ANAホールディングス傘下の格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)が、12月に中部空港(愛知県常滑市)に就航することが14日、分かった。札幌と仙台へ路線を設定する。中部空港では、新型コロナウイルス流行でLCCのエアアジア・ジャパンが撤退を決めたばかり。ピーチはコロナ後の需要回復を見据えて進出し足場を固める。

 中部―札幌線を1日2往復、中部―仙台線を1日1往復、それぞれ運航する予定。両路線を巡っては、エアアジアが12月で撤退するなどLCCの運航がなくなる予定だった。

 ピーチは関西空港などを拠点とし、2012年3月に運航を開始した。