JR九州は13日深夜から14日未明、九州新幹線が熊本県の新八代―新水俣間で人と衝突したと想定し、乗客を安全に避難させ、早期に運転を再開する訓練をした。

 社員や警察、消防などの約130人が参加した。車両が緊急停止し、停電が発生したと想定。車掌らは新型コロナウイルス対策も兼ねて手動でドアを開けて換気。乗客は避難用のはしごで線路上に降りたり、車いす用スロープで対向列車に乗り換えたりして避難した。

 社員らは「気を付けてゆっくり降りてください」と呼び掛け、損壊した先頭部分を取り外すといった作業を進めた。