バドミントンで約7カ月ぶりのワールドツアーとなるデンマーク・オープンが13日、デンマークのオーデンセで開幕し、男子シングルス1回戦で西本拳太(岐阜県協会)はイスラエル選手に2―0で快勝し、2回戦に進んだ。

 今大会には日本から6選手が出場。女子シングルスの奥原希望(太陽ホールディングス)の1回戦は13日に組まれなかった。女子ダブルスの福島由紀、広田彩花組(丸杉Bluvic)、永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)は2回戦から登場する。

 新型コロナウイルスの影響でワールドツアーは3月中旬の全英オープンを最後に中断していた。(共同)