日本学術会議が推薦した会員候補6人の任命拒否を巡り、立憲民主党などの野党は13日、国会内で合同ヒアリングを開いた。元文部科学事務次官の前川喜平氏が出席し、次官在任中に文化審議会の分科会委員を選任しようとした際、官邸側から「政権批判するような人物は困る」と差し替えを指示されたと説明した。

 前川氏によると、次官在任中の2016年、文化功労者を選考する文化審議会分科会の委員候補者を文科省で選び、杉田和博官房副長官にリストを示したところ、2人を替えるよう要求された。1人は安全保障関連法に反対、もう1人はメディアで政権批判するような発言が見られ別の人物に替わった。