自民党の憲法改正推進本部(衛藤征士郎本部長)は13日、改憲原案を取りまとめる起草委員会の初会合を党本部で開いた。衛藤氏は年内に原案を策定する意向を重ねて強調。会合では、2018年に作成した9条への自衛隊明記を含む党改憲案4項目の条文イメージに限定し、論点の整理を進める方針を確認した。

 一方、公明党の山口那津男代表は記者会見で「一足飛びに年内に合意形成できる状況はまだ整っていない」と述べ、性急な展開への懸念を表明。衛藤氏は会合後、記者団に「突っ走ることはしない。連携を大事にして進める」として、公明党に配慮する考えを明らかにした。