ロッテの井口資仁監督は13日、ドラフト1位ルーキー佐々木朗希投手を今季中に1軍で登板させる考えを示した。首位争いを繰り広げている中でも「戦力と思えば行けるでしょうし。何とかいいところで放れれば」と期待を寄せた。

 佐々木朗は5月に実戦形式のシート打撃に登板して160キロをマーク。その後は体調面の不安から調整のペースを落とし、1軍に同行しながら練習していた。2軍戦を経験させてから昇格させる方針で、井口監督は「ブルペンでもかなり力強い球を投げている。朗希がどれくらいの状態に上がってきて、試合に投げられるか」と話した。