経済同友会の桜田謙悟代表幹事は13日の定例記者会見で、菅政権が日本学術会議の推薦した会員候補6人の任命を拒否したことに関し「説明責任を果たしていない」と苦言を呈した。その上で学術会議の「使命や意味を議論するいい機会だ」とも述べた。

 桜田氏は、政府の対応について「これを機に慣例を廃し(ていく)という気持ちの表れかもしれないが、(拒否は)突然という感じがする」と語った。

 一方、学術会議の在り方を巡っては「あらゆるイデオロギーから独立したいなら国費は入れず、純粋な民間機関としての立場を確立されるのがいい」との認識も示した。