兵庫県宝塚市は13日、柔道部員の生徒に体罰を加えてけがをさせたとして県警に傷害容疑で逮捕された顧問の市立長尾中教諭上野宝博容疑者(50)=同県西宮市=について、暴行途中に失神した生徒をビンタで起こし、その後も投げ技を繰り返していたと明らかにした。副顧問の40代男性教諭もその場にいたが、容疑者が怒っている様子に恐怖を覚え、止めに入らなかった。上野容疑者は学校の聞き取りに対し「行き過ぎたきつめの指導をした」と話したという。

 上野容疑者は柔道経験があり、2011~13年、前任の中学校で生徒にビンタや頭突きなどをしたとして訓告処分2回、懲戒処分を1回受けていた。