橋本聖子五輪相は13日の閣議後の記者会見で、日本オリンピック委員会(JOC)が女性アスリートの性的な撮影被害や画像拡散の問題について競技横断的な対策に乗り出すことを歓迎した。「関係者間で検討が進められ、何よりも選手に寄り添いながらしっかりと防止につなげていっていただければと思っている」と述べた。

 元五輪選手の橋本氏は「撮影行為で心を傷つけられた選手もいると思う。競技以外のことで(選手が)いろいろと不安に思うことはやはり避けなければいけない」と強調。「選手を預かる側のJOCや各競技団体が重要な問題点として受け入れていかなければいけない」と話した。