13日午前9時45分ごろ、JR横浜駅西口近くの工事現場で穴の中の土砂が崩落し、男性作業員1人が生き埋めになった。男性の姿は確認できるが、心肺停止の状態。神奈川県警や横浜市消防局が救出活動を急いでいる。

 県警などによると、作業員は60代とみられる。現場は横浜市神奈川区鶴屋町で、昨年秋から住宅や店舗、ホテルなどが入る地上43階建てのビル(高さ約180メートル)を建設中だった。地面を掘削した穴(深さ約10メートル)の中で、側面の板が外れて土砂が崩れたという。事故当時、穴の中には約10人の作業員がいた。