作曲家の筒美京平さんが7日に80歳で死去したことを受けて、多くのヒット曲でタッグを組んだ作詞家の松本隆さん(71)が13日、ツイッター上で「ぼくが京平さんからもらったものはありったけの愛。彼ほどぼくの言葉を愛してくれた人はいない。ありがとう、京平さん」と哀悼の思いをつづった。

 松本さんはラジオ番組収録時に訃報を知ったとし、「涙の洪水になりそうな心を抑えて、平常心を保ちながらラジオを終わらせた」と説明。「木綿のハンカチーフ」「スニーカーぶる~す」などでコンビを組んだ関係を「先輩と後輩であり、兄と弟であり、ピッチャーとキャッチャーであり」と例えた。