「大阪都構想」の制度案(協定書)への賛否を問う住民投票の期日前投票が13日、大阪市内28カ所で始まった。11月1日の投開票前日の今月31日まで。新型コロナウイルス感染症への対策として、投票所が「密」にならないよう下旬に4カ所増設する予定だ。

 市選挙管理委員会によると、期日前の投票時間は原則午前8時半から午後8時まで。投票用紙には、2025年1月に大阪市を廃止し、4特別区に再編する制度案について「賛成」または「反対」と記入する。

 投票権があるのは18歳以上の日本国籍を持つ市民で、12日時点では約223万6千人。前回15年は4人に1人が期日前を利用した。