【サンディエゴ共同】米大リーグ、レッズなどで名内野手として活躍したジョー・モーガン氏が11日に死去したと、AP通信が12日に報じた。77歳だった。

 1963年にメジャーデビュー。72年にレッズに移籍し「ビッグレッドマシン」との異名を取る強力打線の一員として、75年から2年連続で最優秀選手(MVP)に輝いた。10度のオールスター戦選出を誇り、90年には米国野球殿堂入りを果たした。

 22年間の通算成績は2649試合で打率2割7分1厘、268本塁打、1133打点、689盗塁。