【ニューヨーク共同】週明け12日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、前週末からの上げ幅は一時、150ドルを超えた。午前10時現在は前週末比136・97ドル高の2万8723・87ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は143・96ポイント高の1万1723・90。

 アップルが上昇し、相場をけん引した。13日の同社発表会で予想される、第5世代(5G)移動通信システムに初めて対応したスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」への期待感が買いを誘った。

 米追加経済対策を巡る楽観的な見方も相場を支えた。