東京消防庁は12日、東京都品川区から江東区の病院に70代の男性患者を救急搬送で転院させる際、首都高速道路の入り口を間違えるミスがあり、到着が16分遅れたと発表した。男性は途中で容体が急変し、搬送先の病院で死亡。同庁は「到着の遅れと死亡の因果関係は調査中」としている。

 消防庁によると、救急車は転院先に向かう首都高湾岸線の「大井入口」ではなく、別方向の首都高中央環状線「中環大井南入口」へ誤って進入。男性は7日午後11時10分ごろに品川区の病院を出発した際、意識があったが車内で吐血。同55分ごろ江東区の病院に到着し、8日死亡が確認された。