日本高野連と全日本大学野球連盟は12日、プロ入り希望の選手に義務づけた「プロ野球志望届」の提出を締め切り、午後5時時点で374人(高校216人、大学158人)が届け出た。26日に行われるドラフト会議で指名対象となる。

 今年の甲子園大会が春夏ともに中止になった高校生は、中京大中京(愛知)のエースとして昨秋の明治神宮大会優勝に貢献した高橋宏斗が目玉。最速154キロの本格派右腕が進学希望から方向転換したことで、戦略を練り直す球団も多そうだ。

 明石商(兵庫)の中森俊介は150キロ超の直球と切れ味鋭い変化球を武器に、昨年の甲子園大会で春夏連続の4強入りに貢献した。