北海道警は12日、速度超過を捏造し実際には違反が確認されていない運転手を取り締まったとして、証拠偽造と虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで、北海道恵庭市、道警交通機動隊の警部補、吉本潤容疑者(58)を逮捕した。

 道警は吉本容疑者が関与した疑いのある不正な取り締まりが計47件あったとして、運転手の違反点数を取り消し、反則金の返還手続きを進めている。取り締まりの際にパトカーに同乗していた部下3人も含め、関連を捜査している。

 逮捕容疑は昨年8月~今年5月に10回にわたり、虚偽の速度を記録用紙に印字して書類を作成し、上司に提出した疑い。