国の文化審議会の作業部会は12日、テレビ番組のインターネット同時配信をしやすくするため、著作権関係の手続きの一部を不要とする中間報告をまとめた。同時配信番組で提供映像を使ったり、音楽を流したりする際の許諾手続きを簡素化する内容で、政府は来年の通常国会での著作権法改正を目指す。

 現在はニュースや情報番組で視聴者らから提供された映像や写真を使う場合、放送とネット配信で別々に使用許諾を得る必要がある。ただ放送は許諾しながら配信は認めないということは考えづらく、中間報告は「別段の意思表示をしていない場合は配信も許諾したと推定する」とした。