京都市下京区の市営住宅の一室で住人のアルバイト山村留美乃さん(24)の遺体が見つかった事件で、遺体に10カ所以上の刺し傷があったことが12日、京都府警への取材で分かった。府警は殺人事件と断定し、下京署に捜査本部を設置した。首の左側付近を中心に刺されており、府警は犯人が強い殺意を持っていたとみている。

 府警によると、山村さんはTシャツにショートパンツ姿だった。寝室の布団の上で血まみれになってあおむけに倒れており、寝室で刺されたとみられる。凶器の刃物は見つかっていないといい、府警は死因や現場の状況を詳しく調べる。