気象庁は12日、南シナ海で発生した熱帯低気圧が同日午後3時の観測で台風16号に変わったと発表した。今後は西寄りの進路をたどり、日本への直接の影響はない見込み。