派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして強制性交罪に問われ、一審で懲役5年の判決を受けた元俳優新井浩文(本名・朴慶培)被告(41)の控訴審初公判が12日、東京高裁(細田啓介裁判長)で開かれた。弁護側は、罪の成立を認めた一審判決には事実誤認があるとして、改めて無罪を主張。検察側は控訴棄却を求め、即日結審した。判決は11月17日。

 控訴審で弁護側は、被告は女性の合意があると誤信したとし「暴行に当たるとの認識はなかった」とした。仮に罪が成立するとしても、求刑通り懲役5年とした一審判決は、重すぎて不当だと述べた。