当初は上陸する可能性もあった台風14号だが、中国大陸から張り出した高気圧に北上を阻まれ、紀伊半島沖から東に進んだ。東海や関東から次第に離れて伊豆諸島に達した後、東に出現した反時計回りの空気の渦、西に現れた時計回りの空気の渦に挟まれながら南下。12日午前9時に小笠原近海で熱帯低気圧に戻った。

 秋台風は本州付近を吹く偏西風に乗り、速度を上げて日本に近づくことが多い。今回は大陸からの高気圧に進路をふさがれた上、偏西風が北海道付近で吹き、風に乗れなかった。西日本にゆっくり接近し、9日には和歌山県串本町や神戸市中央区で強風で転んだ男女2人が重軽傷を負った。