12日午前7時ごろ、神奈川県茅ケ崎市中島の踏切で人身事故があり、JR東海道線は東京―熱海間で上下線の運転を見合わせた。JR東日本横浜支社によると、影響で湘南新宿ラインの大船―小田原間なども運転を見合わせた。午前8時15分ごろにいずれも運転を再開したが、一部の列車に運休や遅れが生じ、約2万7千人に影響が出た。

 神奈川県警によると、亡くなったのは同県茅ケ崎市の無職男性(87)。衝突した電車のドライブレコーダーには、軌道上で動かずじっとしている男性の姿が写っていた。県警は事故と自殺の両面で調べている。