来夏の東京五輪・パラリンピックに向け、性的少数者の情報発信拠点「プライドハウス東京レガシー」が11日、東京都内に開所した。運営団体によると、相談事業や啓発イベントの実施など性的少数者に関する総合的機能を担う日本初の常設施設という。

 松中権代表は「社会の理解が進むよう、さまざまな情報を届けていきたい」と述べた。国際オリンピック委員会のバッハ会長は「東京大会が多様性と包括性を組み込んだことの重要な例」とする祝辞を寄せた。

 プライドハウスは2010年バンクーバー冬季五輪の際、スポーツ界での性的少数者への理解を広める目的で地元団体が立ち上げたのが始まり。