太平洋戦争末期に米軍が大量の焼夷弾を投下し、3千人以上が死亡した横浜大空襲を生き延びた80代の男性2人が11日、横浜市内で開かれた会合で、「晴れていた空が真っ暗になり、焼夷弾が雨のように降った」などと体験を語った。

 空襲は1945年5月29日、午前9時すぎに発生。7歳だった柳下寿雄さんは、横浜市の自宅の庭に掘った防空壕に避難すると、外から「ここにいたら危ないぞ」と怒鳴る声がした。熱風の中を逃げ、空襲が終わって帰宅すると家は全焼、壕の内部も焼けていた。「あのとき、怒鳴ってくれた誰かのおかげで、私は今ここで生を享受している」としみじみと語った。