広島は四回に鈴木誠の適時打で先制。五回は堂林、中村祐の適時打や、2者連続の押し出し四球などで6得点した。6回1失点の中村祐が2勝目。ヤクルトは小川が打ち込まれ、打線も13安打したものの13残塁と攻めきれなかった。