【ソウル共同】北朝鮮が10日軍事パレードを開催したことを受け、韓国大統領府は11日、安保関係の閣僚や高官による国家安全保障会議(NSC)を開催し、結果を発表した。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が核戦力を堅持する姿勢を表明したことに対し、大統領府は「武力衝突や戦争を防ぐための南北間の合意事項が必ず守られなければならない」と強調した。

 金氏は「北と南が手をつなぐ日が来ることを願う」とも発言している。大統領府は「環境が整い次第、南北関係を復元させようとの北朝鮮の立場に注目し、動向を注視していく」とした。